風評被害に対する謝罪はしてはならない

最近、あちこちで風評被害というワードが聞かれます。
風評被害で会社の経営が成り立たなくなってしまったというケースも多く聞かれます。
では、そもそも風評被害とは何なのでしょうか。

風評被害とは、事実とは違う、人のうわさや評判によって、ブランドに傷がつくことを指します。
風評被害の起こるケースは様々で、完全に根も葉もないうわさから始まってしまうパターンもあれば、ちょっとした事故や経営判断のミスから火がついてしまうこともあります。
いずれにせよ、事実と違う、というのが最も重要で、かつ厄介なところと考えていいでしょう。

インターネット社会では、掲示板やSNSを通して、風評被害が瞬く間に広がってしまいます。
中には、個人情報の暴露や、関係者への誹謗中傷など悪質なケースも見られます。
残念ながら、あらかじめ風評被害を防ぐ絶対的な方法はありません。
では、万一風評被害に遭遇してしまったら、私たちはどう対処したらいいのでしょうか。
このサイトでは、風評被害が広まってしまった場合に、いち早く被害を止める方法について考えていきたいと思います。

風評被害に対する心構えは、被害が発生する前からしておく必要があります。
インターネット社会では、ビジネスにおける風評被害対策は、重要なリスクヘッジの一つなのです。
いつ何時、風評被害があなたを襲うかわからない、そんな時代なのですから。
中には、意外な着眼点もあるかもしれませんが、是非マニュアル代わりに一読してください。